介護保険制度

介護保険制度

2022.06.01 作成

2022.06.28 更新

  • #認知症
  • #排泄
  • #ケアプラン
  • #ケアマネージャー
  • #介護区分

ケアプランって何ですか?

ケアマネさんと話している時にチラッと言われていたような。こちらで作らなきゃいけないものなどはあるのでしょうか?

専門家の回答

専門家イラスト

「ケアプラン」とは、介護サービスを提供(利用)する内容をまとめた計画書です。
介護保険制度を利用し、様々なサービスを受ける場合、ケアマネージャーがその人それぞれにあったケアプランの立案を行います。

「ケアプラン」とは何か?

「ケアプラン」とは、利用者が質の高い自立した生活を送れるように、様々な視点から総合的に判断して作成される介護サービス利用計画書のことです。
要介護者・要支援者(受ける人)が介護保険サービスを利用する場合に必須となる書類で、ケアマネージャーが作成します。

「ケアプラン」の作成の流れ

要介護者の「ケアプラン」は、ケアマネージャーが利用者と面談し、利用者とその家族が望んでいる生活スタイル、そのために必要なことは何かを考え、より良い介護サービスを受けられるように作成します。
介護サービスは、施設でのサービスから訪問型サービス、福祉用具のレンタルまで多数ありますので、利用者本人・家族の希望を担当のケアマネージャーによく相談してみましょう。

「ケアプラン」作成後、事業所のサービス担当者会議でスタッフを交え、どんなお手伝いや物品などが必要かを、利用者やその家族と一緒に確認・相談します。
利用者がケアプランに同意して決定したのち、それぞれの事業所と契約をしてサービスが開始されます。
ケアマネージャーはサービスが開始された後も定期的に利用者を訪問し、その度にケアプランの見直しを行います。

満足のいくサービスを受けるためには

「ケアプラン」は介護保険を利用する際に必ず必要な書類になります。
満足のいく介護サービスを受けるために面談などではケアマネージャーの質問に具体的に応えられるように準備をしましょう。また、サービスを受ける中でわからないことやご要望があれば、気軽にケアマネージャーに相談しましょう。

記事のタイトルとURLをコピーする

記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

SNSでケアポケの最新情報を配信中!

  • Twitter
  • Facebook
薬機法医療法 広告遵守・個人承認 YMAA

© 2022 D-PLUS CO., LTD. All Rights Reserved.