はじめての介護

日常生活を送る上で
誰かの手を必要としたら
「介護」が始まっています

介護とは
日常生活を営むための援助」を
行うことです。

例えば…

病院へ行くことが大変そうで、付き添った方が良い

病院へ行くことが大変そうで、付き添った方が良い

部屋の掃除がよく出来ていない状況で、片付けの手伝いが必要

部屋の掃除がよく出来ていない状況で、片付けの手伝いが必要

料理を作るのが億劫なようで、レトルト食品やお菓子で済ませていることが多くなった

料理を作るのが億劫なようで、レトルト食品やお菓子で済ませていることが多くなった

このようにちょっとした事のように見えても、日常生活を送る上で
なんらかの支障が生じ、誰かの手助けを必要とする状態であれば
介護」は始まっています。

介護が必要な方と同居をしているかどうかで
要介護認定を受ける
タイミングが変わります!

高齢者と家族

同居をしている場合に
見るポイント

  • 日中、仕事などで不在にしている間、同居の認知症の方の様子を見てほしい
  • 糖尿病や腎不全などで食事制限をしてるが、専用の食事を用意するのが大変
  • 定期的な医療処置が必要(褥瘡や、巻き爪、胃瘻の方など)
  • 以前よりも家に篭りがちになった・体力が落ちて外出をしなくなった
advice
看護師

同居をしている場合は、掃除や買い物など生活の用事と一緒に自然と「介護」をしています。
そのため、いつから要介護認定を受けた方がいいのか、まだ受けなくていいのか、の判断が難しい事もありますよね。
同居をしてる場合に介護保険による専門家のサポートや介護サービスが受けられるか、地域包括支援センターか役所の福祉課などに相談をしてみましょう。

高齢者と家族

別居をしている場合に
見るポイント

  • 電話をしているときに同じ話を繰り返し話したり、忘れっぽくなっている
  • 帰省をしたときに部屋が片付けられていない(前からそうだった場合でも加齢とともに転倒のリスクなどが生じます)
  • 帰省した時に冷蔵庫の中身がほとんど腐っている
  • 怪我や病気で入院をした
advice
看護師

別居をしていると、日常の変化に気づけないことはどうしてもありますよね。
身近に頻繁に支援を行えるような方が居ない場合はより早く要介護認定を受け、専門家にサポートをしてもらいましょう。
介護を必要とする方がお住まいの地域の地域包括支援センターか役所の福祉課などに相談をしてみましょう。

ちょっとした「出来ない」の
積み重ねが介護のスタート

介護は子育てとは違い徐々に始まったり、急に始まったりと準備期間が少ないことが多いです。
さらに、介護サービスや施設を利用することに対し「自分の家族なのに他人に介護を任せるなんて冷たい」など批判的な意見を持たれる方もまだまだいらっしゃいます。
誰にも相談ができない中で、介護をされている家族への負担は想像を超えるものでしょう。
介護において、専門家の力を借りることは恥ずかしいことでも、冷たくもありません。
自分を犠牲にすることなく、介護をする方・される方がより良い関係を保てるよう積極的に介護サービスを利用しましょう。

これから介護を始める方におすすめの記事

「介護が必要ってわかったけど、初めにすることは?」
「地域包括支援センターか役所の福祉課に相談した後はどうすればいいの?」
介護をこれから始める方に向けた記事をご紹介いたします。

介護が必要かもと思ったときに、まず何をしたらいいのですか?
介護保険の申請方法や流れを教えてください

icon脳トレ -頭の体操-

頭の運動になる間違い探しや
計算問題をご用意いたしました。
脳のトレーニングは物忘れや認知症予防
とても効果的です。
ぜひ毎日の脳トレにご活用ください!

高齢者レクリエーションイラスト
高齢者レクリエーションイラスト

©︎ carepocket all right reserved.