介護

介護

2022.11.10 作成

2022.11.29 更新

  • #ケアマネージャー
  • #介護士
  • #介護福祉士
  • #ホームヘルパー

ホームヘルパー、介護福祉士、ケアマネの違いって何ですか?

いざ介護が始まった時に関わる人が多すぎて、誰に何をお願いしたらいいのか分からなくなってしまいます。

 

専門家の回答

専門家イラスト

ホームヘルパー、介護福祉士、ケアマネージャーはそれぞれ持っている資格や現場におけるポジションなどに違いがあります。

ホームヘルパーと介護福祉士

介護福祉士

まずは、ホームヘルパーと介護福祉士の違いについてご説明いたします。
ホームヘルパーと介護福祉士は、介護が必要な高齢者に直接関わり、食事や入浴、排泄などの生活に関するあらゆるサポートを行います。
両者は、高齢者の日常生活のお手伝いをするという点においては同じですが、持っている資格が違います。
ホームヘルパーは「認定資格」、介護福祉士は「国家資格」を持っており、それぞれ関わることのできる業務の幅にも違いが生じます。
介護福祉士の仕事内容はホームヘルパーよりも幅広く、介護の現場ではホームヘルパーに対して介護の指導を行うことができるので介護のスペシャリストとも言えるでしょう。

ケアマネージャー

ホームヘルパーと介護福祉士が介護の現場で生活のサポートを行う一方、ケアマネージャーは介護が必要な高齢者が適切なサービスを受けられるようにケアプランを立てたり、状況に合わせて調整、ご家族との面談を行います。

ケアマネージャーは、ホームヘルパーや介護福祉士よりもさらに多くの知識が必要となります。
ケアマネージャーは介護のケアマネジメントを行っているので、ホームヘルパーや介護福祉士はケアマネージャーが作成したケアプランにしたがって介護業務を行う必要があり、プランを変更するときにはケアマネージャーに相談しなければなりません。
ご家族との面談や相談などを受けるのもケアマネージャーですが、介護福祉士やヘルパーも相談などを受けることがあります。その場合もケアマネージャーに報告する必要があります。
ケアマネージャーは、ホームヘルパーや介護福祉士にとって上司のような存在とも言えるでしょう。
介護サービスの利用者とホームヘルパーや介護福祉士を繋ぐのがケアマネージャーです。

記事のタイトルとURLをコピーする

記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

SNSでケアポケの最新情報を配信中!

  • Twitter
  • Facebook
薬機法医療法 広告遵守・個人承認 YMAA

© 2022 D-PLUS CO., LTD. All Rights Reserved.