介護

介護

2022.11.29 作成

2023.01.25 更新

【認知症介護】認知症の高齢者に何度も同じ質問をされてイライラ…原因や対策方法について

認知症の本やネットで調べると傾聴が大事、否定をしないことと書かれていますが、ちゃんと聞いていたら頭がおかしくなりそうです。

専門家の回答

専門家イラスト

同じ話や質問を何度も短時間に繰り返す認知症の方にイライラしてしまう方は少なくありません。今回は認知症の方が同じ話を繰り返してしまう原因と、その対策について説明します。

認知症の方の方が何度も同じ質問を繰り返す原因

困る高齢者

「何度も同じ質問を認知症の家族にされてうんざりなんです。」こういった相談を受けることは少なくありません。
認知症の方が同じ話を繰り返すのには理由があります。
認知症の症状として、「記憶障害」「見当識障害」「保続」があり、これらの症状が同じ話を繰り返してしまう要因なのです。
「記憶障害」によりその会話をしたこと自体を忘れ、「見当識障害」で自分の置かれている状況を正確に認識することが出来なくなってしまいます。 そして「保続」により思考を切り替えることが困難となるため、同じ話題ばかり短時間で繰り返してしまうのです。
認知症についてより詳しくお知りになりたい方はこちらの記事もご参照ください。

不安を煽らないようにする

認知症の方と話す際にいくつか気をつけるポイントがありますが、まずはその方の不安を煽らないようにしましょう。
忘れてしまうと言ってもマイナス感情の記憶などは覚えていたり、自分の置かれている状況を把握できずに不安に駆られていることが多いです。
不必要に不安を煽ることで、不穏となり予測できない行動を起こしてしまう可能性もあります。
「それ何度も言ったでしょ!」など忘れていることを責めるような言葉を出来るだけ返さないようにしましょう。

話を親身に聞きすぎないようにする

何度も同じ話をされてしまうと、認知症で仕方のないことだと理解していてもイライラしてしまいますよね。
不安を煽らないようにと先述しましたが、ついカッとなって声を荒げてしまうこともあるかと思います。
そんな時はどうかご自身を責めすぎないようにしてください。
認知症の方のケアは、プロであっても24時間ともに生活しながら傾聴したり穏やかに接し続けることは難しいことです。
まして忙しい時、体調が悪い時などに、同じ話を繰り返されるのはこたえますよね。
そういう時には、一度物理的に距離を置いたりして気持ちを落ち着かせるようにしましょう。
ご自身の心身の健康がまず第一なのです。

ノートやカレンダーなどを活用する

ノートに書き込む様子

ご自身で字を書けたり、カレンダーの文字が見えるのであれば予定を書き込んでもらったりして記憶の欠落を補完する方法もあります。
また小さめのホワイトボードなどに直近の予定を書き込むこともおすすめです。
実際にノートなどへの書き込みや、確認が習慣ついた方は同じ質問をされることが減ったというご家族様からの声をいただいています。

介護保険サービスを活用する

要介護認定を受けられている方であれば、介護保険サービスを利用することが出来ます。
もちろん自費で利用できるサービスもありますので、緊急で必要な方もご利用いただくことが可能です。
専門スタッフが自宅へ訪問し、家でサービスを受けることができる訪問サービスや、短期間要介護者を預かることのできるショートステイ、また施設への入所など「介護」における様々なニーズにお応えできるようなサービスが充実しています。
まだ要介護認定を受けられていない方は、地域の地域包括支援センターか、役所の福祉課にご相談ください。

まとめ

中度認知症から重度認知症の人の場合、「言葉を理解する能力(言語理解)」と「言葉を話す能力(言語表出)」が苦手になることでストレスや不安を抱え込み、行動や心理状態が不安定になってしまいます。※1
認知症の方への理解を深め、言語的コミュニケーションだけでなく非言語的コミュニケーションも積極的に活用してみましょう。

出典

ボクはやっと認知症のことがわかった 自らも認知症になった専門医が、日本人に伝えたい遺言

認知症の権威が認知症になって、ようやくわかったことがある。認知症の人が見ている世界、認知症の歴史、超高齢化社会を迎える日本の選択など、この1冊でわかる認知症のすべて。

記事のタイトルとURLをコピーする

記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

SNSでケアポケの最新情報を配信中!

  • Twitter
  • Facebook
薬機法医療法 広告遵守・個人承認 YMAA

© 2023 D-PLUS CO., LTD. All Rights Reserved.