介護

介護

2022.08.01 作成

2022.09.21 更新

  • #介護用品
  • #要介護
  • #福祉サービス
  • #親の介護

遠方に住む親が心配で、定期的に様子を見てもらいたい時に利用できるサービスが知りたいです

親と住んでいるところが遠いのと、家庭の事情ですぐに同居する事ができないのですが、忘れっぽくなった両親が心配なので誰かに様子を見てもらいたいのですが、どんなサービスがありますか?

専門家の回答

専門家イラスト

遠方に住むご両親が高齢で介護が必要でも、様々な理由で近くに住めない場合や、在宅介護が厳しい場合がありますよね。
その場合は、遠距離介護という選択肢があります。今回は遠距離介護の方におすすめしたい介護サービスをご紹介いたします。

介護保険制度や医療保険制度による介護サービスを利用する

高齢者

介護保険制度は基本的には65歳以上の方が利用できる保険制度です。(もしくは第二号保険者で条件により利用が可能)
介護保険制度について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

訪問サービスを利用する

訪問サービスにはこのような種類があります。

訪問看護 ご自宅で療養を希望され、日常生活にご不安を感じていらっしゃる方のサポートをします。詳しくはこちら
訪問介護 身体介護や生活支援サービスを受けることが可能です。詳しくはこちら
訪問入浴 自宅で入浴が難しかったり、不安な時に利用することが出来ます。詳しくはこちら
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 利用者の生活時間に合わせてサービスを利用することが可能です。
訪問診療 通院が困難な患者に対し提供されるサービス。詳しくはこちら
薬剤師訪問サービス 薬剤師が直接自宅へ訪問し薬の管理や配達を行うサービス。詳しくはこちら

これらのサービスを組み合わせることで、高齢者ご夫婦のみ、またお一人で暮らしている方住み慣れた家に住みながら支援することが可能です。

デイサービスを利用する

高齢者は押し腰が悪くなったり体力が落ちたりして家に篭りがちになることもあります。
そして外出機会が減ると、抑うつ状態を引き起こしたり、認知症発症のきっかけに。 デイサービスでは自立支援のためのリハビリや、時間帯によっては食事の提供、入浴・シャワー介助サービスを受けることが可能です。

地域のボランティアや民間サービスを利用する

ボランティアを利用する

ボランティアサービスはお住まいの地域によって内容が変わってきます。利用できるかどうかに関しては、地域包括支援センターもしくは役所の福祉課に確認してみましょう。
利用できるボランティアの内容として以下のようなものがあります。

傾聴ボランティア ただ話を聞いてほしい方などにおすすめで、人と会話をすることでうつや認知症予防の効果もあります。
買い物支援ボランティア 買い物へ行くことが困難な方に向けた支援です。
料理・掃除ボランティア 料理や掃除など、家事が困難になった方に向けた支援です。
屋外作業ボランティア 庭の草むしりなど屋外での作業をサポートするための支援です。

民間サービスを利用する

介護保険は安い自己負担で利用が出来ますが、利用できるサービスには上限があります。
そんな時に、民間の介護サービスの利用がおすすめです。急な病院受診の付き添いを依頼したり介護保険では難しいペットの世話を依頼することも可能です。 事業所によっては病院へ入院が必要になった際に、準備や病院との調整を行なってくれることも。
単発での利用や、定期利用なども可能なようです。

配食サービスを利用する

配食サービスはひとり暮らし等で食事の調理が困難な高齢者に対して食事をご自宅まで訪問して提供するサービスです。
栄養バランスの取れた食事をその方にあった形態で提供が可能で、人気のあるサービスです。
毎日配食することも可能ですので、安否確認として利用される方も。
自治体で運営されているものや民間のサービスなどがありますので、好みや金銭面などに合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

高齢者見守りグッズを利用する

見守りカメラ

カメラタイプのものは異変があった時に目で様子を確認することが出来ますので、素早い対応が可能です。
しかし、どうしても見張られている印象が強く抵抗を感じられる方もいらっしゃいます。

winees(ウイニーズ)ネットワークカメラ

遠隔操作によるズームや、双方向に音声会話が可能です。見た目もころんとしているので

オンオフを通知できる電球

部屋の明かりは毎日利用するものなので、電球のオンオフにあわせて通知がいくという商品もあります。
手軽に導入できますので、安否確認として利用してみてください。

ハローライト HelloLight LED電球

電球のON/OFFを検知できるIoT製品。日常生活に欠かせない照明器具で、監視されていると言う抵抗感がなく、自然な形で高齢者を見守ることができます。
またLED電球のため環境に優しく、こちらの商品は3年分の月額費用が含まれています。

見守り機能付きの生活家具

電気ポット

電気ポットタイプのものには使用の有無だけでなく、使用状況をグラフとして確認ができる商品も!
日頃の状況を把握出来れば異変に気付きやすくおすすめです。

その他

テレビのリモコンにオンオフの確認機能がついている商品などもあるようですので、どの家電を毎日使用しているか、生活リズムに応じて利用してみるのが良いでしょう。

SwitchBot 人感センサー

人の動きを感知することが出来て、スマホやアレクサなどとも連動が可能です。

まとめ

遠方に住む高齢の両親などが心配でも、同居が難しい場合は多いです。
何かあった時、異変にすぐに気づけるような見守りサービスや、介護保険制度を利用したサービスを組み合わせて、遠方に住む不安を解消しましょう。

記事のタイトルとURLをコピーする

記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

SNSでケアポケの最新情報を配信中!

  • Twitter
  • Facebook

© 2022 D-PLUS CO., LTD. All Rights Reserved.