介護

介護

2022.08.29 作成

2022.08.30 更新

  • #要介護認定
  • #退院後の生活
  • #要介護
  • #親の介護

遠方に住む両親に介護が必要になってしまいました、すぐには引っ越せないのですがどうしたらいいでしょうか?

父親が脳梗塞で倒れ、障害が残ってしまい介護が必要になってしまいました。母親も高齢で、自分も遠方に住んでいます。

専門家の回答

専門家イラスト

今回のご相談者さんのように急に両親の介護が必要になってくることはよく起こります。そんな時にまずどうしたらいいのか、どんな選択肢があるのかについてご紹介します。

遠方の親が急に入院することに

高齢者

自宅内での転倒による骨折や、脳梗塞、心不全や感染症の悪化などで、急に入院が必要になることがあるかと思います。
まずはご本人の容態を把握し、出来れば親戚とも協力して何かあれば駆けつけられるようにしましょう。

経過も良好で自宅へ帰ることになった場合

経過が良好な場合、以下の選択肢があります。

  1. 以前生活していた自宅へ戻る
  2. 介護ができる家族の家に同居もしくは近くに引っ越す
①以前生活していた自宅へ戻る

以前の自宅へ戻る場合、お一人で生活ができるのかを病院のメディカルソーシャルワーカーと相談しましょう。
例えば買い物や家事などに手伝いが必要な場合は、介護サービスの訪問介護やデイサービスを利用し日中はそちらで食事を取るなどが可能です。
医療的なケアが必要な場合、訪問看護を利用することができます。

また、自宅に手すりをつけたい場合も介護福祉用具をレンタルしたり簡単な改修を行うことでお一人で生活が可能な場合も多いです。
ただ自宅の改修に時間がかかってしまう場合、準備が完了するまで病院で預かって欲しいと思われでしょう。
しかし病院は治療を待つ方を優先的に診ますので、退院を強いられることは多いです。そんな時はまず要介護認定を入院中に必ず受け、一時的な住居として介護老人保健施設などへ入居することができます。

それでも自宅に一人になってしまうタイミングはどうしても出てきますので、その間の様子が心配という方には高齢者向けの見守りグッズがお薦めです。
見守りカメラや、自宅の電球のオンオフを通知する電化製品などがありますので、監視されていると窮屈に感じられない程度に取り入れてみると良いでしょう。

②介護ができる家族の家に同居もしくは近くに引っ越す

介護を必要とするご本人と離れて暮らす場合上記のように介護サービスを組み合わせることでお一人、もしくはご高齢の夫婦二人で生活が出来ている方も多くいらっしゃいます。
しかし、何かあれば遠方まで行かなければいけなかったり、金銭面で不安があったりする場合は、介護ができる家族の家に同居するか、近くへ引っ越すという選択も可能です。
その場合でも、必ず何らかの介護サービスが受けられるよう、要介護認定は入院中に受けましょう。結果が出るまでに時間がかかってしまいますが、調査や書類の準備などは入院中に済ませておくと安心です。

記事のタイトルとURLをコピーする

記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

SNSでケアポケの最新情報を配信中!

  • Twitter
  • Facebook

© 2022 D-PLUS CO., LTD. All Rights Reserved.